MAIL MAGAZINE

vol.01

いつも『SANNIN SHOP』をご贔屓にして頂き、ありがとうございます。
三人称の鉄塔です。

何故このようなメールが届いたのかと、不安になられた方もいらっしゃるでしょう。

「えっ? 何か送られてきた!」
「えっ? 何かに登録した覚えないんだけど!」
「えっ? 誰!?」
「えっ? これは搾取の臭いがする!」
「えっ? 怖いんだけど! お父さんお母さん!」

様々な疑問を抱かれたことと思います。
尚、その中に紛れて「誰!?」と思われた方がいらっしゃったようですが、
その場合は完全に迷惑メールになってしまいますので、
こちら側もほんの少しだけ傷付きながらも、お詫びさせて頂きます。

このメールが一体何なのかと申しますと、『SANNIN SHOP』の商品をお買い上げ下さった際、
メールアドレスをご登録頂いた皆様宛に、新商品のご案内と称したメールマガジンをお送りさせて頂くことになりました。

例えば、楽●市場やZ●Z●T●WNなどのネットショッピングをした際に、
自動的に『メールマガジンを希望する』にチェックマークが入れられており、
自分のメールアドレス宛に延々と商品のお知らせが送られてきて、嫌な思いをされたご経験がおありだと思います。

「何だよこれどこで解約出来るんだよ!」と憤慨された方も、中にはいらっしゃることでしょう。

それです。
このメールは、いわばそれです。

調査員に調べて貰ったところ、どうやらチェックマークを外す項目はあるようなのですが、
今後購読の解約が出来るのかどうか分かりません、とのことでした。

狡猾な『SANNIN SHOP』運営のやることですから、
ひょっとしたら、一度購読したが最後、永久に送られ続けることになるのかも知れません。

因みに、調査員はその件について「直接運営に確かめに行く」と言ったが最後、消息を絶ちました。
何かあったのでしょうか・・・・・・。

触れてしまったが最後、永遠に囚われてしまうという恐ろしいシステム。

これはいわば、呪いみたいなものです。
『呪いのメールマガジン』とでも呼ぶのでしょうか。

『呪いのメルマガ』
すごいワードですね。

ガラケーと呼ばれる携帯電話が主流だった時代、
中央のボタンでポチポチとスクロールさせながら、
「どの文字がリンク先なんだろう」などとブラウザを閲覧していたあの頃に、
チェーンメールなどの類として送られてきていそうな単語ですね。

そんな呪いを皆様の元へ送り届けるというのは、少々気後れしてしまうところでありますが、

しかし、一説には『呪う』と『祝う』はほとんど同義語なのだ、という話があります。
かの文豪、京極夏彦先生も確か似た感じのことを仰られていたのでほぼ間違いは無いと思います。

実際の所、人を呪うのも、人を祝うのも、その根本は同じです。
対象を強く思うこと、そして何らかの願いを叶えようとする行為であることに変わりはありません。

さあ皆さん、急にスピリチュアルな方向に舵を切られたことで、若干きな臭くなってまいりました。
そろそろ「何言ってんだこいつ」という声が方々から上がって来そうですが、

つまり、このメールは『祝いのメルマガ』と呼んでも差支えないんだよと、
そういうことが言いたかったわけです。

祝いの言葉であれば、これはいくら届けられたとしても、
嫌な思いをする人はそんなにいませんでしょう?

ただ、こちら側としても、そこまで盛大にお祝いしようという気持ちがあるわけでもなく、
基本的には新商品が出たよ、という些細な内容ではありますので、

これを『小祝いのメルマガ』と呼ぶことにしましょう。

とっても牧場系。
のどかな感じがして良いですね。

前置きが随分と長くなってしまいました。
いたずらに文章を伸ばしてしまうのは、僕の悪い癖です。

今回の『SANNIN SHOP』の新商品ですが、
ずばり『缶バッジ』になります。

三人称缶バッジ - 商品ページ
https://goo.gl/YkmL1b

どこに付けてもお洒落なバッジが数種類発売されるわけですが、
例えばシンプルなトートバッグに、幾つかのバッジを並べて付けると、
そのお洒落度は各段にアップしますね。

おや? そういえばどこかでトートバッグも売られていたような……?

若干のきな臭さを感じさせつつ、今回はこの辺で終わりたいと思います。

商品説明があまりにも短すぎて、前置きとの比重を考えろ、とショップ運営の人に怒られそうな気もしますが、
今後とも『SANNIN SHOP』並びに三人称をよろしくお願いいたします。

それでは、また会う日までごきげんよう。

三人称 鉄塔

バックナンバー 一覧に戻る

  • 商品一覧
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • メルマガ